2006年07月11日

魔法使いチャッピー

子どもの頃は、TVばっかり観ていました。
子どもの頃は、お金が必要だなんて思ったことがありませんでした。
時々、お金の心配しなくていい子供時代に戻りたいな〜って思ったりします。
結婚してから、自分の欲しいものも買ってないし、
観たいTVも映画もビデオも観ていません。
結婚て、本当に大変。

今のお仕事を始めていなかったら、未来も真っ暗でした。
貯金がなくなるのにおびえて暮らすだけでした。
そう考えると、本当に恐いです。
このHPに出会って、本当に良かったです。
http://z.la/inxdi

魔法使いの女の子がひとりで人間界にやってくる、
というそれまでの魔法使いもののパターンを破った、
『魔法使いチャッピー』。
毎回観てました〜〜〜〜♪

魔法界の貴族の娘・チャッピーが、好奇心にかられてこっそり
魔法界を抜け出して、人間界にやってくる。

発端は、それまでの魔法使いものと似ているのだが、
違うのは、チャッピーの両親の行動。
娘を追いかけて、一家そろって人間界に来てしまうのだ。

チャッピーのパパとママは、同じ魔女ッ子ものの
『魔法使いサリー』のパパやママに比べて、ちょっと過保護だったのか?
posted by ゆゆ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

ハジメちゃんは本当にパパの子ども?

子どもの頃は、TVばっかり観ていました。
子どもの頃は、お金が必要だなんて思ったことがありませんでした。
時々、お金の心配しなくていい子供時代に戻りたいな〜って思ったりします。
結婚してから、自分の欲しいものも買ってないし、
観たいTVも映画もビデオも観ていません
結婚て、本当に大変。
子どもの頃にTVで観たバカボン一家からは考えられないような現実です。
今のお仕事を始めていなかったら、未来も真っ暗でした。
貯金がなくなるのにおびえて暮らすだけでした。
そう考えると、本当に恐いです。
このHPに出会って、本当に良かったです。
http://z.la/inxdi

バカボン一家の話を、ちょっとひねってします。
バカボンのママは苦労しないのかしら?って不思議ですよね〜(笑)
旦那さん、収入なさそうだし・・・(笑)

生まれたばかりのバカボンの弟は、大天才児だった。
そんな赤ちゃんにママは、〔ハジメ〕と名づける。

「なんで二番目の子どもなのに、一なのだ?」
というバカボンパパの疑問に、ママはこう答える。
「ママはね、ハジメちゃんに、何でも一番になる子になってほしいのよ」

これは恐ろしい答えだ。

ママは二番目の子に、バカボンのような子には
なってほしくなかったのだろうか?

もしくは、ハジメちゃんこそ、最初の自分のまっとうな子だと
思いたかったのだろうか?

いずれにしろ、この〔ハジメ〕という名前には、
赤塚不二夫独特の毒が込められているに違いない。

ハジメだけが、ママそっくりな顔をしているのも気になる。
バカボンにもバカボンパパにも、全然似ていないのだ。
posted by ゆゆ at 02:50| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

旧ダイエーホークスのヘルメットを先取り?

子ども達の幼稚園代って、かかりますよね。
我が家では、この4月から、1ヶ月6万円以上の出費です。
とても夫の給料だけでは払いきれませんでした。
でも、私が昨年の秋から仕事を始めていたおかげで(?)
幼稚園代、スイミング、ヤマハ音楽教室など、
子ども達の教育にかかるお金は、全て私の稼ぎから支払っています。
この収入がなかったら、我が家はどうなっていたことでしょう。
でもまだまだ、これから学費がかかりますよね!
頑張って、早期に3ケタ万円の収入を目指します!
それにはまずこのHPから。http://z.la/inxdi

って、子供のことを考えていたら、固い話になってしまいました。
そんな話をしたかったんじゃないんですよ。
1972年から放映された『科学忍者隊ガッチャマン』の話です。

アメリカンコミック調の絵柄に、スマートな十頭身のキャラクター、
流行を敏感に取り入れたファッションが、当時としては新鮮だった。
登場人物の私服も流行の先端なら、コスチュームも斬新。

科学忍者隊のメンバーは、大鷲のケン、コンドルのジョー、
白鳥のジュン、ツバクロの甚平、ミミズクの竜と、
鳥の名前がついていて、コスチュームも鳥を意識したもの。

鳥形のヘルメットに、鳥の翼を形取ったギザギザのマントという、
かなり斬新なハイファッションだった。

とくに、鳥形のヘルメットは、思いがけないところで時代を先取り。
放映後10年も経ってから、世界的デザイナー・三宅一生がデザインした
ダイエーホークスのヘルメットは、“ルーツがガッチャマン”
というジョークまで出ている。

話も凝っていて、本格的なSF設定がバンバン登場。
当時には耳慣れない“ブラックホール”などの科学用語も使われて、
「さすが、科学忍者隊というだけのことはある」と、感心の声があがったほど。

愛機ゴットフェニックスが燃え上がる『火の鳥』や『竜巻ファイター』など、
ヒーローたちの科学忍法も手の込んだ設定だった。

人気も相当なもので、6年後に『科学忍者隊ガッチャマンU』
その3年後に『科学忍者隊ガッチャマンF』と続編も作られている。
(ここは人から聞いた話。私は記憶にないのです。)
posted by ゆゆ at 01:38| Comment(0) | TrackBack(1) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

夫に聞いたウルトラシリーズ

うちの夫は、車が大好き。
しかも高級志向・・・。
でも、家族のために、安いミニバンになっちゃいました。
だから、私、決意したんです!
夫のためにセドリックを買うって!
http://z.la/1evwk

だから、子育ての合間を使って、自宅で仕事を始めました。
http://z.la/inxdi
まずは、夫の月収を追い越さなくっちゃ!
あと3ヶ月くらいで、追い越せそうですp(*^_^*)q

私は全然知らないのですが、夫から聞いた情報です。
私が生まれた年に放映されたみたいだけど、
あまりにマイナーすぎて、再放送しなかったのかな?(笑)

☆ウルトラファイト

『ウルトラマン』と『ウルトラセブン』の格闘シーンを再編集して、
1970年9月から放映された、知る人ぞ知る『ウルトラファイト』。

本編から抜き出したものの他、
倉庫に残っていた怪獣のぬいぐるみを使って、
ぶっつけ本番で新たに撮影、
スポーツの実況中継風の解説を加えたものだったそう。

番組自体が本編のパロディなだけあって、
タイトルも、映画やテレビ番組のパロディ風のものがいっぱい。

「アイロス星人は二度裏切る」(007は二度死ぬのもじり)
「勝負は死ななきゃわからない」
「消えてもらいます」
「赤い抱擁」(赤いシリーズのもじり)
「イカルスはパンチがお好き」
「怪獣ゲバゲバ大作戦」
「モンスターはつらいよ」

子どもには通じないタイトルですよね〜。
こりゃあ、ヒットしないわ〜〜。
大人にはウケそうだけどね(笑)
posted by ゆゆ at 02:44| Comment(0) | TrackBack(1) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

子どもが危ない!

秋田県で起きた、小学校男児の殺害事件、
犯人が捕まったのは良かったけど、
いくら犯人が捕まっても、子どもは返ってこないから、
も〜〜〜、他人事ではなく、泣けてきます。

容疑者の女、借金が多かったとか、子どもの面倒みなかったとか、
いろいろ言われているけれど、
かなり切羽詰った精神状況だったのかしら?

パソコンを持っていて、在宅ワークしていれば、
もっと違う人生だったかも??

私は、自分と家族の【人生変えるため】に、
このお仕事を続けていきます!
ここから出会いました。
http://z.la/eg2fg

子ども達!頑張れ〜〜〜〜♪
posted by ゆゆ at 10:18| Comment(0) | TrackBack(1) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旧ダイエーホークスのヘルメットを先取り?

子ども達の幼稚園代って、かかりますよね。
我が家では、この4月から、1ヶ月6万円以上の出費です。
とても夫の給料だけでは払いきれませんでした。
でも、私が昨年の秋から仕事を始めていたおかげで(?)
幼稚園代、スイミング、ヤマハ音楽教室など、
子ども達の教育にかかるお金は、全て私の稼ぎから支払っています。
この収入がなかったら、我が家はどうなっていたことでしょう。
でもまだまだ、これから学費がかかりますよね!
頑張って、早期に3ケタ万円の収入を目指します!
それにはまずこのHPから。http://z.la/inxdi

って、子供のことを考えていたら、固い話になってしまいました。
そんな話をしたかったんじゃないんですよ。
1972年から放映された『科学忍者隊ガッチャマン』の話です。

アメリカンコミック調の絵柄に、スマートな十頭身のキャラクター、
流行を敏感に取り入れたファッションが、当時としては新鮮だった。
登場人物の私服も流行の先端なら、コスチュームも斬新。

科学忍者隊のメンバーは、大鷲のケン、コンドルのジョー、
白鳥のジュン、ツバクロの甚平、ミミズクの竜と、
鳥の名前がついていて、コスチュームも鳥を意識したもの。

鳥形のヘルメットに、鳥の翼を形取ったギザギザのマントという、
かなり斬新なハイファッションだった。

とくに、鳥形のヘルメットは、思いがけないところで時代を先取り。
放映後10年も経ってから、世界的デザイナー・三宅一生がデザインした
ダイエーホークスのヘルメットは、“ルーツがガッチャマン”
というジョークまで出ている。

話も凝っていて、本格的なSF設定がバンバン登場。
当時には耳慣れない“ブラックホール”などの科学用語も使われて、
「さすが、科学忍者隊というだけのことはある」と、感心の声があがったほど。

愛機ゴットフェニックスが燃え上がる『火の鳥』や『竜巻ファイター』など、
ヒーローたちの科学忍法も手の込んだ設定だった。

人気も相当なもので、6年後に『科学忍者隊ガッチャマンU』
その3年後に『科学忍者隊ガッチャマンF』と続編も作られている。
(ここは人から聞いた話。私は記憶にないのです。)
posted by ゆゆ at 02:31| Comment(0) | TrackBack(1) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

もーれつア太郎

ダヴィンチ・コード、観たい!

小さい頃の私は、遊び相手もなく、親もなく、一人で寂しくて、
TVっ子で、早朝から年代物の再放送をよくみていました。
「魔法使いサリー」「アタックNo.1」「タイガーマスク」「ムーミン」「マジンガーZ」
と、挙げればキリがありません。

私の子ども達は、本当に恵まれた時代に生まれていると思います。
でも、飽食の時代・・・。
私が子ども達にしてあげられること
それは、今、この小さい時期に一緒にいてやることです。

今の仕事は、時間的に余裕があって、家でできて、OL以上の収入になって、
今の子育ての状況の私には、本当にありがたいお仕事です。
http://z.la/inxdi
私にこのチャンスをくれた知人にも感謝しています。
http://z.la/8kgun

人情アニメの決定版といえば『もーれつア太郎』。
浪花節調の主題歌は、水前寺清子が歌っていたって知っていましたか?

ア太郎は、死んだ父の跡を継いで、一人で八百屋をきりもりしているが、
実は父親は幽霊となってア太郎を見守っている。
もちろん、ア太郎以外の人に姿は見えない。

ア太郎の子分格が顔半分オデコみたいなデコッ八。
オッチョコチョイだけれど情が厚くて潔い、
ア太郎の気っぷにほれ込んでいる。

これにブタ松一家が加わって、ゆかいな騒動を起こすのだけれど、
欠かせない盛り上げ役となっていたのがネコの『ニョロメ』、
かえるの『ベシ』、毛虫の『ケムンパス』たち。

ストーリーとは全く関係なく、いきなり出てきたりする。
とくにケムンパスが仲間を呼び集めるときに叫ぶ
「ケム〜ンパスパスパス……」という声には、
不思議な哀愁が漂っていたような。。。(笑)

実は、ニョロメもベシもケムンパスも、
赤塚ギャグのいたるところに出てくるサブキャラクターなんです。
この番組で一気に顔をそろえたわけで、
その人気は主人公も顔負けだったとか(笑)

描き易かっただけに、ノートや黒板の隅に落書きした人も多いはず。
私も、もちろん描きました〜〜♪
posted by ゆゆ at 03:12| Comment(1) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。